無料ブログはココログ

« なすびにもトマトーン! | トップページ | トマトーンの効果とNHK流ミニトマトの2本立て »

2011年5月20日 (金)

バドミントンのノックマシンの修理

(今回は、バドミントンの話です。)

1105121_4

写真は、たかさん製作のノックマシンの一部です。以前、NHKのバドミントン教室でノックマシンが出ていました。価格を調べてみると2万円ほどします。とても買う気にならないので、自分で作ることにしました。HPでいろいろ調べてみると、ノックマシンの作り方が載っていました。このHPを参考にして作って活用していましたが、先日三脚の部分が壊れてしまいました。そのため、修理することにしました。

1105122_4   1105123

こちらの写真は修理した三脚です。元々ビデオ用の三脚でしたが、子供が大きくなりビデオを撮ることが殆どなくなったので、ノックマシンの三脚に生まれ変わりました。その三脚のジョイント部分が壊れてしまいました。とりあえず、瞬間接着剤で直してみました。いい感じです。

1105124_2

シャトルを入れる筒(ボイド管)と三脚をつなぐには、特殊?なパーツが必要です。前回は、子供が朝顔を育てるのに使った支柱を使っていましたが、今回は、大金を使って鉄で出来たフックを用意しました。もちろん100円ショップで購入したものです。

1105125   1105126

そのフックを写真のようにジョイント部分の下を這わせます。その上に筒が乗ります。三脚に筒を取り付けると結構負担がかかるので、筒と三脚をつなぐパーツは、比較的硬くて眺めで細い部材が適当です。ジョイントの下の隙間はあまりないので、薄くて硬いものを用意する必要があります。30cmのアクリルの定規でも加工すればいけるかもしれません。今回は、加工するのが面倒なので、違う部材にしました。

1105128_2   1105129

写真のように、端部をテープで仮止めします。その後、テープでぐるぐる巻きにしてしっかり補強します。

11051211   11051212

完成するとこんな感じです。

材料となるボイド管はホームセンターで売っています。それに、ペットボトル(クーが最適)と、ジョイント部分のパーツ、全て購入して500円でおつりがきます。2万円するものが、500円で買えます。

写真はありませんが、ショルダータイプもあります。ショルダータイプは、ノッカーが移動しながら打てるのが特徴です。またそのうちに、紹介したいと思います。

« なすびにもトマトーン! | トップページ | トマトーンの効果とNHK流ミニトマトの2本立て »

■ バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バドミントンのノックマシンの修理:

« なすびにもトマトーン! | トップページ | トマトーンの効果とNHK流ミニトマトの2本立て »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31