無料ブログはココログ

« わら・もみがらの提供 | トップページ | 実業団個人戦シングルスの反省 »

2012年2月15日 (水)

実業団個人戦の結果

(今日は、バドミントンの話です。)

週末に実業団の個人戦(シングルス)がありました。

45歳になってから、復帰し個人戦にも出るようになりましたが、これまでは全く勝つことができませんした。一般のB・Cクラスであれば、ある程度勝てるかもしれませんが、やるなら同世代に勝ちたいということで、シニアクラスに出場していました。

40歳以上で、現役プレーヤーとして続けているということは、それ相応の努力をしている選手です。そんなプレーヤーを相手にするのですから、簡単に勝てるはずはありません。

これまでは、ランキング1位の選手のパッキンの中にいたのですが、前回1勝したことから、今回はランキング2位の選手のパッキンの中に出世?しました。

初戦は、比較的楽な試合でした。原因は、体幹と足の使い方の差です。年齢的には私より若い選手でしたが、トレーニングの差が出た試合でした。

2回戦は、ランキング2位の選手。彼は昔、社会人代表で全国大会へも行った選手。昔なら、やる前からメンタルな部分でも負けていたと思います。

でも、今回は、気分が少し違いました。

その理由は、年末の合宿でホセマリさんの講習を受け、そのアドバイスに従い、訓練を行っていった結果、成長した手ごたえを感じていたからです。

1月のシングルス大会で、全国シニア1位の選手から、16点・18点取れたのも自信につながっていたのだと思います。

実際、試合になると、やはり相手はうまかった。きれいなフォームで決して崩れません。安定しており、体幹もぶれないので、配球が安定しています。さすがといった感じでした。

でも、踏ん張り、無理をして動いたところ、2セット目を取り、ファイナルまで持ち込むことができました。

さすがに、3セット目は、力の差が出てしまい完敗でしたが、明確な課題がわかったことと、手ごたえを感じました。

この状態で頑張れば、ベスト4には、なんとか入れるのでないかという感覚を持つことができました。

年末の講習会では、ホセマリさんの指導を受けましたが、教えていただいた肩関節の使い方と足の使い方は、本当に目にうろこで、このおかげで1枚皮がむけた感じです。

これについては、またの機会に触れたいと思いますが、今回、明確になった課題を乗り越えるため、もうしばらく、老骨に鞭を打っていきたいと思います。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

« わら・もみがらの提供 | トップページ | 実業団個人戦シングルスの反省 »

■ バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実業団個人戦の結果:

« わら・もみがらの提供 | トップページ | 実業団個人戦シングルスの反省 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31