無料ブログはココログ

« 北風でビニールトンネルが・・・ | トップページ | カラスにキャベツと白菜が! »

2012年2月24日 (金)

肩の可動域を広げることの有効性について

(今日はバドミントンの話です。)

ここ数年、年末に伊勢地域のクラブと一緒に合宿をしています。
していますといっても、私は参加させてもらっているだけで、うちのクラブの中堅どころが企画をしているのですが・・・。

そしてその合宿では、3年ほど連続してホセマリさんの指導を受けています。
彼は、元全日本のチャンピオンでもあり、去年は全国シニアダブルスで優勝されています。シングルスも2位というすごい選手です。

そんな彼が講習会で毎回取り入れているメニューの1つが肩の可動域を広げるストレッチです。

最初の頃は、このトレーニングの意味合いが余りわからなかったのですが、今年は、二人一組で肩の可動域を広げるストレッチを行いました。
そして、その後、プレーをしてみると今まで体験したことがなかった不思議な体験をすることができました。

私は体が硬いので、体のバネ(筋肉)をうまく連動させることができていません。

例えば、フォームについては、通常は、体の軸→肩の回転→肘の回転→手首と連動させて動かし、力強い球を打つのですが、私は体、肩の回転を十分に活かしきれていませんでした。
練習で、フォームの改造に取り組んではいるのですが、なかなかうまくいっていませんでした。

それが、今回の合宿で、肩のストレッチを行うと今まで経験のしたことがない体験をすることができました。
その不思議な体験とは、次のようなものでした。

通常、後ろに追い込まれると、体を入れるのが遅れるため、相手のバックまできれいに返すことができません。そのため、試合中に追い込まれない、遅れないことを意識してプレーすることになります。そして、追い込まれてしまうと、その段階でそのラリーの結果が見えてしまうことになります。

ところがです。
今回、肩の可動域を広げてプレーをすると、追い込まれても、球がきれいに返ったのです。当然、体制は不十分なので、体の軸は使えません。追い込まれた結果、肩の回転だけで返すことになります。
でも、肩の可動域が広がっていると、いわゆるモーメントが大きくなるので、肩の回転だけで相手の後ろまで、力を入れなくても返るのです。

フォアでは、イメージ的には体の後ろで打っているのですが、肩の回転だけできれいに返ります。
バックでは、やや遅れているにも関わらず、鋭いドライブを返すことができました。逃げる球が、攻撃する球に変わっていたのです。

これには、びっくりでした。これまでは、追い込まれると相手のミスがない限り、結果が見えていましたが、今回の体験で、振り出しに戻すことが出来ることがわかったので、追い込まれても落ち着いて球の処理ができるようになりました。
まだ、バックの安定性は悪いですが、これについては練習することで、ある程度は克服できると思われます。

そして、効果はそれだけではありませんでした。

肩の可動域が広がると、見かけ上、ためが出来ることになり、相手の動きを止めることができます。
若い頃、肩の使い方がうまい選手と試合をしたことがあったのですが、彼は、ためを作って打つので、シャトルがどこに飛んでくるのかを判断するまでは、動くことが出来ず、遅れてしまう体験をしたことを思い出しました。先読みで動くと、フェイントされ、全くとれません。かといって、球を見極めてから動くと、シャトルに追いつくのに時間がかかってしまい、ショットが乱れてしまいます。

今までフォームの改造にチャレンジしてきましたが、うまく出来ませんでしたが、肩の可動域を広げるだけで、自然とフォームまで変えることが出来てきました。
素振りをしてみると、肩をやわらかくしてから行うと、普通に振っているだけですが、肩が後ろに回っていました。
私は左ききですが、今までは、肘が頭の右側に行くことはありませんでしたが、肩をやわらかくするだけで、頭の右側まで回っていたのです。
つまり、自然にためができるというか、肘が相手から見えない状態になっていたのです。
まだ、フォームは固まっていないので、十分とはいえませんが、今後も肩をやわらかくするトレーニングと、肩の柔軟性を活かしたフォームを意識することで、プレーの広がりを身につけれる感覚になりました。これからも精進していきたいと思います。

また、肩の可動域を広げることで、実はドライブの打ち方にも変化がでてきました。

これについては、またの機会にしたいと思います。

今回の合宿で肩の領域を少し広げるだけで、すごくプレーの広がりを体験できたことは有効でした。
肩だけでなく、足の使い方も少し変えるだけで、すごい変化が見られることも経験しました。
これについても、次の機会に報告したいと思います。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

« 北風でビニールトンネルが・・・ | トップページ | カラスにキャベツと白菜が! »

■ バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肩の可動域を広げることの有効性について:

« 北風でビニールトンネルが・・・ | トップページ | カラスにキャベツと白菜が! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31