無料ブログはココログ

« チンゲン菜の間引き | トップページ | トウモロコシ、今年のアワノメイガ対策は! »

2012年6月16日 (土)

カボチャのコツ! 雌花摘みと受粉

Pa0_0042  Pa0_0041

カボチャのツルが伸びてきました。

そして、根元にも雌花が咲きました。

でも、この最初の雌花は取ってしまいます。

というのは、この時点では、まだ雄花が咲いていないため、受粉ができません。

そのため、生長を促すために、雌花は取ってしまいます。

こうすることで、カボチャは、子孫を残すための雌花を咲かせるためのツルを伸ばさるを得ない状況になります。

Pa0_0022

やがて、伸びたツルに雌花が咲くとともに、雄花も咲きます。

そこで、受粉!

という作戦で、今年は望みます!

Pa0_0021  Pa0_0020

最初の雌花を取ってしまったところ、しばらくしたら、一部のカボチャだけですが、雌花が咲いてきました。

早速、雄花の花粉を人口受粉。

Pa0_0019  Pa0_0008

今までしっかり観察したことがなかったのですが、カボチャの花が咲く期間は非常に短いようです。受粉後の雌花ですが、花びらは閉じたままでした。ちょっと心配でしたが、実が大きくなってきたので、受粉作業はうまくいったようです。

残りのカボチャは、まだ花が咲きませんが、花が咲き次第、受粉作業をしていきたいと思います。

そして、受粉が終わり、ある程度つるが伸びたら、摘心し、子づるを伸ばしたいと思います。

« チンゲン菜の間引き | トップページ | トウモロコシ、今年のアワノメイガ対策は! »

カボチャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カボチャのコツ! 雌花摘みと受粉:

« チンゲン菜の間引き | トップページ | トウモロコシ、今年のアワノメイガ対策は! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31