無料ブログはココログ

« やっぱり、夏レタスは難しい! | トップページ | 冬至南瓜の植付 »

2012年9月 1日 (土)

農園のレイアウトの見直し

3年前から、市民農園を借り、少しづつ畑を拡張してきました。

最初は5坪、農園を貸してくれるNPOの都合から畑の場所を変わることになり、その時に10坪に変更。

その後、今度は、地主さんから声をかけられ、北側の畑10坪を追加。

北側の畑は、半日しか日が当らないことから、一部の作物がうまく育たないことに気づき、地主さんに相談。

そしたら、快く今度は田圃のうち、20坪程、貸してくれるようになりました。

都合、40坪。

これは、家庭菜園の域を越えています。

我が家には、農作機械はありません。鍬とスコップの人力施工で、今後もトライです。草刈も、現時点では釜です。

段々、重労働化してきましたが、畑が広くなったので、再度、野菜のレイアウトを考え直すことにしました。 

Yasai01_2

まず、こちらは、最初に借りた市民農園。

畝ごとに記号(A~G)をつけ、連作障害を考え、ローティションを考えてつくってきました。

少ない面積で多くの作物を作ることから、畑はいつもフル回転。

でも、予定した通りに作物が出来るとは限らないし、仕事で作業が出来ない時もあり、中々計画通りには行きません。

作った後は、その結果をこの年表?に反映し、翌年の作物の参考にし、時点修正してやってきました。

出来るだけ多くの種類の作物を作りたかったので、3つの畝でローティションを考えてきました。

2年ほど作ってみて、やっと現実的な年表になってきました。 

Yasai02_3

こちらは、北側の畑。

最初の畑で作ることの出来なかった里芋、インゲン、長いもなどを新たに取り入れ、最初の農園の敷地でうまく組み込めない野菜をこちらに入れてやってきました。

でも、実際、作ってみると半日しか日が当らないので、出来が悪い作物も出てきました。

で、今回、新たに土地を借りたので、この北側の畑は、じっくり作れる作物、半日でも十分収穫が楽しめる作物に特化し、この畑になじまないものは、新しい畑で作ることにします。

本当は、全体のローティションを考え直すといいのですが、大変なので、最初の農園はそのままで、考え直すことにしました。

でも、これが結構大変。

春と秋で同時期に野菜が切り替わるのであればいいのですが、作物ごとに違うので、中々うまくいきません。

ちょっとした頭の体操になります。

連作障害が余り無いもの、障害がひどいもの、短期間で作れるもの、作れないもの等々を並べ替えて考えるのは、楽しいのですが、大変です。

でも、最初にちゃんとやっておくと、後が楽なので、頑張りたいと思います。

新しい畑のローティションが出来るのが早いのか、畝づくりが早いのか見ものです!

« やっぱり、夏レタスは難しい! | トップページ | 冬至南瓜の植付 »

■ たかさんの畑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農園のレイアウトの見直し:

« やっぱり、夏レタスは難しい! | トップページ | 冬至南瓜の植付 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31