無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

ミニ耕耘機 Black&Decker 18Vリチウム電池 ミニ耕運機 LGC120 の効果検証!

家庭菜園とはいえ、40坪もあると流石に大変です。

そこで、ついに、ミニ耕運機を買ってしまいました。

Pa0_0025  Pa0_0017

外国産です。

いろいろ検討したのですが、ガソリンだと手入れが面倒であること、電源は確保できないことから、充電式のものにしました。

ネットで、一番安いところを探して購入。

Pa0_0016  Pa0_0013

刃は2つついており、左右交互に回転して、草が絡まないようになっているらしいです。

使い方も簡単。写真のように土の上にかぶせるようにしてスイッチを入れれば、その場所だけですが、15cmほど土を耕してくれます。

早速、実験してむることにしました。

Pa0_0014  

こちらは、鍬を入れてみたのですが、乾燥してちょっと固め。

果たして、ちゃんと耕せるのでしょうか?

Pa0_0012  Pa0_0011

起こしてみるとこんな感じ。それなりに土は砕けています。

アップで見ると、粉々にはなっていませんが、鍬よりはあきらかに効果があります。

Pa0_0015  

次に草まるけの場所で実験。こちらは、畝づくり始めての場所です。土も固く、雑草も生えていることから苦戦が予測されます。

Pa0_0010

一列だけ起こしてみましたが、大丈夫。

続けておこしていくと、・・・・

Pa0_0001  Pa0_0002

うまくおこせなくなりました。耕運機の裏を見てみると、土の塊が刃に絡み付いていました。草を巻き込むことは殆どありませんが、粘性土には弱いようです。

でも、土は簡単に取れるので、その手間を惜しまなければ、大丈夫です。

Pa0_0000  

開始後、10分で畝の荒起こし完了。鍬であれば、30分はかかります。

疲れもないし、いい感じです。

ミニ耕運機としては、合格です。

Pa0_0003

そして、この日に収穫したやさい。

ブロッコリーの蕾がたくさん出来、早く収穫しないと花が咲きそうです。

終わりを告げるなすび、ピーマン、オクラと、これから収穫がつづくブロッコリーが今日の収穫です。

2012年10月26日 (金)

冬至南瓜がカラスに!

Pa0_0006  

冬至南瓜のその後です。大分、葉が枯れてきました。

実の方はどうなっているでしょうか?

最初になった実を見てみると・・・

Pa0_0005

つるからはずれ、何者かが突いた後があります。

おそらくカラスでしょう。食べるものが無かったので、突いた模様です。

でも、まだおいしくないので、やめてしまったようです。

Pa0_0004

他のカボチャは、今のところ被害はありません。

また被害にあうといけないので、枯葉と枯れ草で隠しておきました。

もう少ししたら、収穫です。

2012年10月25日 (木)

たまねぎとレタスの植付

Pa0_0024

レタスとたまねぎの苗が売っていたので購入してきました。

Pa0_0023

今年もたまねぎの苗は、早生のソニックと晩生のあさひ3号です。

ソニックは夏ごろまで保存が可能、あさひ3号は3月まで保存が可能です。

Pa0_0022  Pa0_0021

たかさんは、たまねぎは黒マルチを使っています。準備した畝に15cm感覚に穴が空いているマルチを張ります。

Pa0_0020  Pa0_0019

マルチを張った後に、1本づつ苗を植えていきます。 

Pa0_0018

植え付け直後は、苗も倒れていますが、1週間ほどすれば、立ち上がってきます。たっぷり水を与えて植え付け完了。

Pa0_0008  Pa0_0007

今年は、レタスがうまく発芽しなかったので、少しだけ購入した苗を植えました。

冬に収穫ができれば幸いです。

2012年10月24日 (水)

冬瓜でアップルパイ作り!

Pa0_0027

旅行から帰ってくると、妻が作ったパイが残っていました。

なんと、冬瓜パイとのこと。

食べてみると、アップルパイの味。歯ごたえも、りんごでした。

本当は、焼きたてのパイの写真が欲しかったのですが、妻はブログには興味がないことから、写真を撮っていなかったため、残り物の写真になってしまいました。

Pa0_0026

こちらは、パイに使った冬瓜。見た目も味もりんごでした。

作り方は、冬瓜をりんごジュースで煮たとのこと。

つまり、アップルパイのりんごの代わりに冬瓜とりんごジュースを使っただけらしいです。

冬瓜がこんなに魅力的な味になるとは!

冬瓜パイに一票です!

2012年10月18日 (木)

ソラマメの種まき

Pa0_0006

今年、用意したソラマメの種です。

去年は、讃岐長莢そら豆とお多福そら豆を用意したのですが、収穫の時期がほぼ同じだったので、今年は、早生のソラマメを用意してみました。

Pa0_0005

そして、1つづつ種まき。お歯黒を下にして植えました。

1か月後には、畑に植え替えます。

収穫の時期を変えるつもりで種を変えましたが、種の袋を見ると、収穫の時期は同じになっていました。ひょっとすると、来年も収穫の時期はほとんど重なってしまうかもしれません。

でも、こうやって、あれこれ考えながらやるのが、家庭菜園の醍醐味。毎年、失敗しながら、少しづつ、野菜作りをうまくなっていきたいと思います。

 

2012年10月17日 (水)

夏野菜、ラストスパート!

Pa0_0010

今年は、10月になっても暖かい日が続いたので、まだなすびが元気です。

Pa0_0011

さすがに夏ほどの収穫量はありませんが、大きななすび、ピーマン、オクラ、そしてちょっと飽きてきた冬瓜の収穫が続いています。

Pa0_0009

こちらは、サツマイモ。

もうすぐ収穫です。

今年は、他の野菜がたくさんあり、サツマイモの茎は食べませんでした。

Pa0_0007  Pa0_0008

白菜、ブロッコリー達も順調です。

間もなく、収穫する野菜たちが入れ変わります。

2012年10月16日 (火)

ブロッコリーの収穫開始!

Pa0_0000

7月に種を蒔いたブロッコリーです。8月中旬に畑に植えたところ、随分大きくなってきました。

Pa0_0001

葉で繁っていたので、余りよくわからなかったのですが、しっかり蕾が出来ていました。

しばらく同じ野菜が続いていたので、早速収穫です。

これからしばらくは、ブロッコリーの収穫が続きます。

2012年10月15日 (月)

大根の間引き

Pa0_0004  Pa0_0003

9月に蒔いた大根が大きくなってきました。

少し遅くなりましたが、間引きです。

Pa0_0002

大根もおいしいのですが、間引き菜もとてもおいしいのです。

しばらくは、かぶ等も含めて間引き菜を楽しみたいと思います。

2012年10月11日 (木)

芽キャベツの散髪

Pa0_0021_2  Pa0_0003

芽キャベツが順調に育ってきました。

下の方の葉が混みあってきたので、2回目の散髪をすることにしました。

Pa0_0001  

下の方は余り日が当らないこと、芽キャベツが巻くのに葉が邪魔になることから上の葉だけを残してカットします。

Pa0_0000

既に下の芽キャベツは巻き始めています。

まだ、暖かい時期に巻き始めているので、おそらく下の方はうまく巻かないと思われます。芽キャベツは、暖かいと巻かず、遅いと大きくならないとやっかいな野菜ですが、時期さえ守れば、確実に大きな球ができます。

後は、定期的に追肥と散髪を繰り返すだけです。

2012年10月10日 (水)

キャベツ、ブロッコリー、白菜に追肥

Pa0_0029

8月から9月にかけて植えたキャベツ、ブロッコリー、白菜達は、寒冷紗トンネルで保護していましたが、大分大きくなってきたので、寒冷紗をはずすことにしました。

Pa0_0028  Pa0_0027

こちらは、2回目に植えた白菜。外葉は虫に食われていますが、芯は大丈夫です。この分だと後は追肥で大きく育てるだけだと思われます。

Pa0_0026

こちらは、最初に植えた白菜と植え直した白菜。

Pa0_0025  Pa0_0024

左側が最初に植えた白菜で唯一残っている白菜です。残りの白菜は、何故か腐ってしまいました

右側の白菜は後で植え直した白菜。こちらは何とか育っています。

Pa0_0023  Pa0_0022

こちらは、キャベツ。不思議なことに一切虫に食われていません。キャベツが健全だという証拠でしょうか?。健全な野菜には虫がつかないそうです。でも、これは同じ畦に白菜も植えていたので、そちらに虫がついただけのような気がしています。

Pa0_0021  Pa0_0020

こちらは、芽キャベツ。唯一、購入した苗ですが、極めて順調です。

Pa0_0019  Pa0_0018

こちらはブロッコリー。一番大きくなっています。よく見ると、蕾もできつつあります。後、1ヶ月もすれば収穫出来そうです。

生長を促すために、それぞれ追肥を与えました。後は月1で追肥をあげ、大きくなるのを待つだけです。

2012年10月 9日 (火)

しその実の収穫、そして佃煮づくり

Pa0_0004  Pa0_0003

青シソと赤シソの実が出来てきました。

先日、しその実の塩漬けを作りましたが、今回はしその実の佃煮にチャレンジしてみることにしました。

Pa0_0002

しその葉も終盤なので、合わせて収穫。しその葉は、ゴムで縛って、ビニール袋に入れ、葉の根本を水につけて保存します。これで、2週間ぐらいは保全できます。

畑をよく見ると、カボチャの実も見つけました。合わせて収穫です。

今回、佃煮は初めての試みでしたが、HPを参考にちりめんじゃこも入れて作ってみました。

Pa0_0031

家族の間では、塩漬けはいまいちでしたが、佃煮はヒット!。

これからは、これが定番になりそうです。

2012年10月 5日 (金)

カブの間引き

Pa0_0009  

2回に分けて蒔いたカブが育ってきました。

ぼちぼち、間引き開始です。

Pa0_0008

でも、アップで見ると、防虫対策をしなかったので虫に食われています。

やはり、面倒がらずに、寒冷紗トンネルの対策は必要なようです。

Pa0_0005

今回の収穫野菜。ミニトマトがすごい勢いです。

最近は、毎回同じ野菜が続いていましたが、間引きしたカブで、少し収穫野菜に変化がでました。

2012年10月 4日 (木)

白菜、最後の植付!

Pa0_0004  

最初に植えた白菜のいくつかは、水と多肥が原因?で腐ってしまいました。

Pa0_0016

第2弾の白菜は順調です。

最初に植えた白菜の場所が少し空いてしまったので、そこに余っている白菜の苗を植えることにしました。

Pa0_0015

白菜を痛めた菌が残っている可能性があるので、うまく育つかどうかはわかりませんが、うまく育つことを祈ります。

2012年10月 3日 (水)

冬瓜南瓜の受粉作業、終了!

Pa0_0010

8月末に植えつけた冬至南瓜のつるが畑一杯に伸びてきました。

最初の方は、雄花だけが先行して咲いていました。つるの途中から雌花の小さな蕾が出来てきましたが、その後も、南瓜はつるの生長を優先。しかし、畑の端に到達した頃から落ち着きだし、花が次々に咲き始めてきました。ある程度つるが伸びたので、南瓜も子孫を残す方に切り替えたようです。

Pa0_0012  Pa0_0013

朝、農園を除くと雄花と雌花が毎日入れ替わって次々に咲いています。この1週間は、毎朝受粉作業。雄花をちぎって花びらをはずして、おしべをめしべにこすり付けて花粉をつけていました。蜂もいることにはいるのですが、春に比べると少ないので、自然受粉には難がありそうなので、せっせと朝通いしました。

Pa0_0011

こちらは最初に受粉した雌花。

どうやら受粉作業は成功した模様。この1週間で全てのつるの受粉作業が無事終わりました。後は、適度の追肥をあげて実を大きくするとともに、余計な子づるをカットしていく作業だけです。順調にいけば、11月に収穫です。

2012年10月 2日 (火)

秋じゃが、不調です・・・

Pa0_0011

こちらは、ジャガイモのデジマです。どうも、今年は秋じゃがが不調です。デジマとアンデスレッドを植えましたが、中々芽が出てきません。デジマの方を掘ってみると種芋が腐っていました。でも、一部は芽が出たので、2本残して後は引き抜きました。

Pa0_0010  Pa0_0009

抜いてみると、少しですが根がついていました。小芋ぐらいならできる可能性があるので、抜いた芽を植え替えました。

一方、アンデスレッドは、時間がかかりましたが、片方の畝からは、芽が出てきました。ちょっとだけ安心しました。

Pa0_0007

これからどんどん気温が下がってくるので、うまく芋が出来るか心配ですが、祈りながら育てていきたいと思います。

Pa0_0014

こちらは、新たに植えなおした芋です。なんとか芽が出てきました。スタートが大幅に遅れましたが、これで何とか秋じゃがにありつけそうです。

2012年10月 1日 (月)

白菜、キャベツ、芽キャベツのその後

Pa0_0004

白菜のその後です。 
最初に植えた白菜が大分、葉が大きくなってきました。
この様子では、年内に収穫間違いなしと思いきや・・・・

Pa0_0006  Pa0_0005

白菜の葉と根元が腐っているものがあるではないか・・・
白菜が腐る要因はいくつかあるそうですが、水が多すぎる、肥料が多すぎる、雨
による泥、雨の後の高温等などがあるそうです。
思い返してみると、最近、局地的な大雨や長雨があった。
生ゴミから液肥ができるので、セッセとあげていた。
マルチをしていないので、雨により泥がはねた等々。
全ての白菜ではないので、遅いで痛んだ白菜だけ、撤去しました。
畝の隙間が随分空いたので、ここには追加の苗を植えることにします。
でも、土に菌があれば、また腐ってしまうかもしれません。
来年からは、高畝に、マルチを敷いて、液肥のやりすぎに注意したいと思います。

Pa0_0003  

キャベツの方は、順調です。
でも、ご近所のキャベツより生長が遅いようです。
まあ、品種も違うでしょうから、一概に比較はできませんが・・・
Pa0_0002   Pa0_0001
芽キャベツは、本当に順調。
購入した苗だけに大きくなるのも早いようです。
葉が多くなったので、散髪を!
下の方の葉をはさみでカットしました。
これで、準備OK!
でも、実験では葉をカットしてもしなくてもそんなに差は出ないそうです。
でも、さっぱりしました。
後は時々追肥をあげて、寒くなるまでに出来るだけ大きくすることです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30