無料ブログはココログ

« 苗づくりの秘密兵器がやってきた! | トップページ | 土づくり2 »

2013年2月22日 (金)

土づくり

私が借りている農園は、田圃を区画割して畑にして貸し出しています。

そのため、最初の頃は、粘性土の土で、粒径が細かく、団粒化していませんでした。

でも、3年ほど経つと・・・

Pa0_0002

土も茶色から黒色に変わり、団粒化してきました。

そのため、今では、鍬を入れると、すぐに土がほぐれるようになりました。

Pa0_0001  Pa0_0000

こちらは、去年の秋から追加で借りた畑です。こちらも以前は田圃であったため、粘性土で、土も固く茶色の状態です。

現地で見ると、3年目の土と1年目の土は、全然色が違うのですが、写真ではどうもわかりにくいです。

このようにフカフカの土になったのは、畝をおこす度にせっせと堆肥を入れ続けた成果だと思われます。

そう言えば、依然読んだ『わたしの有機無農薬栽培』では、初期の段階では、多めに堆肥を入れて土づくりをしたと書いてありましたが、それと同じことをしてきたことで、今の土が出来たようです。

最近では、3年目の畑はさほど堆肥を入れていません。

それでも、野菜はしっかり収穫できています。

Pa0_0009  Pa0_0011

こちらは、土づくりに使っている肥料です。最初は、化学肥料や油粕なども入れていましたが、今は鶏糞のみを元肥にしています。

Pa0_0012  Pa0_0010

そして、こちらは、堆肥。土づくり重視の時期は、肥料分が入っていない堆肥を、土が出来ている畝には、牛糞入りを使っています。

時間はかかりますが、堆肥を使うと、微生物の力で、いい土になります。これからも時間をかけて、新しい畑の土づくりをしていきたいと思います。

« 苗づくりの秘密兵器がやってきた! | トップページ | 土づくり2 »

■ たかさんの畑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1405982/47364777

この記事へのトラックバック一覧です: 土づくり:

« 苗づくりの秘密兵器がやってきた! | トップページ | 土づくり2 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30