無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月 7日 (木)

新黒田五寸人参の種まき

Pa0_0004

こちらは、9月に蒔いたニンジン。冬の間、必要な分だけ収穫してきましたが、まだ半分ほど残っています。このニンジンの収穫が終わったら、次の収穫が出来るように、新たにニンジンを蒔くことにしました。

Pa0_0003

今回も前回に続き、新黒田五寸人参。

ニンジンづくりはどうも苦手で、中々太いニンジンをつくることができません。

でも、この品種を使ったところ、うまくいったので、今回もこの種を使うことにしました。

Pa0_0001

種を蒔いた後には、もみ殻を敷きました。これで、表土の乾燥防止です。

ニンジンは発芽しにくいので、もみ殻の力を借りて立派に発芽させたいと思います。

2013年3月 6日 (水)

たまねぎの追肥

Pa0_0007

今年は、玉ねぎの生長が順調です。例年に比べ、すごく立派に育っています。

毎年、玉ねぎは早生と遅生の2種類を植えています。

Pa0_0009

こちらは、早生のネオアース。太いものでは、既に親指程の太さです。

Pa0_0008

こちらは、晩生のアサヒ3号。こちらも親指に近い太さになっています。

おそらく元肥が効いたのだと思われますが、これだけ生長が早いとなると、とうが経ってしまわないかと心配です。

そのため、今年は、追肥を少し遅らせ、回数を減らして与えてきました。

去年までは、12月から毎月与えていましたが、今年は1月からで、今回が2回目。

早生の玉ねぎは今回が最後の追肥となります。

晩生の玉ねぎは、今後の成長を見て、追肥を与えるかどうかは、早目に判断したいと思います。でも、追肥は、与えるのが遅くなると、しまりが悪くなり、保存にむかなくなってしまうらしいので、おそらく今回が最後になると思われます。

2013年3月 5日 (火)

ホウレン草の種まき

Pa0_0023

冬野菜の収穫が終わり、この時期の畑は緑が少ないです。

でも、この時期は、春から植える野菜のために土づくりを行う大事な時期でもあります。

週末にセッセと鍬を入れ、大分畝が出来上がってきました。

4月になれば、トマト・なすび・きゅうり等をどんどん植えていくことになりますが、その隙間の畝を利用して、ホウレン草を蒔くことにしました。

Pa0_0025  Pa0_0024

たかさんは、割合密植した植付をしています。

まず、畝に3列のスジをつけます。

Pa0_0022  Pa0_0021

そして、そのスジに種を蒔き軽く土をかぶせます。

ホウレン草は発芽に時間がかかるので、表土が渇かないように工夫する必要があります。

もみがらを敷く予定でしたが、今回は、木のくずを利用。

これは、生ごみ処理機にいれるおがくずなのですが、生ごみ処理機が壊れてしまい、不要になてしまったものです。すきこめば、堆肥にもなるので、今回は、廃物利用ということで使ってみました。

後は、雨とお日様の力を借りて、発芽するのを待つだけです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30