無料ブログはココログ

キャベツ

2012年11月13日 (火)

ブロッコリとキャベツ

Pa0_0005  Pa0_0006

9月に植えたブロッコリーも収穫の時期を迎えました。

Pa0_0004

8月に植えたブロッコリーは、既に2回目の収穫が終わっていますが、まだ、蕾ができています。9月に植えたブロッコリーと8月に植えたブロッコリーのわき芽からできた蕾でこれだけの収穫ができました。

Pa0_0002_2

寒くなってきたので、白菜も収穫することにしました。まだ、やわらかめですが、今年はいつもより多めに作っているので、足りなくなることはないと思われます。

今夜は、鍋の予定です。

Pa0_0001

8月に植えたキャベツも収穫しました。夏に作ったので、柔らかめです。冬キャベツは、しっかり育てて、しっかり巻いたキャベツを収穫したいと思います。

Pa0_0000

こちらは、農園のご近所さんからいただいた大根。我が家の大根は、まだ小さいので、助かります。

後、里芋も試しに収穫するつもりでしたが、雨のため、断念。

里芋は来週以降の楽しみです。

2012年10月10日 (水)

キャベツ、ブロッコリー、白菜に追肥

Pa0_0029

8月から9月にかけて植えたキャベツ、ブロッコリー、白菜達は、寒冷紗トンネルで保護していましたが、大分大きくなってきたので、寒冷紗をはずすことにしました。

Pa0_0028  Pa0_0027

こちらは、2回目に植えた白菜。外葉は虫に食われていますが、芯は大丈夫です。この分だと後は追肥で大きく育てるだけだと思われます。

Pa0_0026

こちらは、最初に植えた白菜と植え直した白菜。

Pa0_0025  Pa0_0024

左側が最初に植えた白菜で唯一残っている白菜です。残りの白菜は、何故か腐ってしまいました

右側の白菜は後で植え直した白菜。こちらは何とか育っています。

Pa0_0023  Pa0_0022

こちらは、キャベツ。不思議なことに一切虫に食われていません。キャベツが健全だという証拠でしょうか?。健全な野菜には虫がつかないそうです。でも、これは同じ畦に白菜も植えていたので、そちらに虫がついただけのような気がしています。

Pa0_0021  Pa0_0020

こちらは、芽キャベツ。唯一、購入した苗ですが、極めて順調です。

Pa0_0019  Pa0_0018

こちらはブロッコリー。一番大きくなっています。よく見ると、蕾もできつつあります。後、1ヶ月もすれば収穫出来そうです。

生長を促すために、それぞれ追肥を与えました。後は月1で追肥をあげ、大きくなるのを待つだけです。

2012年10月 1日 (月)

白菜、キャベツ、芽キャベツのその後

Pa0_0004

白菜のその後です。 
最初に植えた白菜が大分、葉が大きくなってきました。
この様子では、年内に収穫間違いなしと思いきや・・・・

Pa0_0006  Pa0_0005

白菜の葉と根元が腐っているものがあるではないか・・・
白菜が腐る要因はいくつかあるそうですが、水が多すぎる、肥料が多すぎる、雨
による泥、雨の後の高温等などがあるそうです。
思い返してみると、最近、局地的な大雨や長雨があった。
生ゴミから液肥ができるので、セッセとあげていた。
マルチをしていないので、雨により泥がはねた等々。
全ての白菜ではないので、遅いで痛んだ白菜だけ、撤去しました。
畝の隙間が随分空いたので、ここには追加の苗を植えることにします。
でも、土に菌があれば、また腐ってしまうかもしれません。
来年からは、高畝に、マルチを敷いて、液肥のやりすぎに注意したいと思います。

Pa0_0003  

キャベツの方は、順調です。
でも、ご近所のキャベツより生長が遅いようです。
まあ、品種も違うでしょうから、一概に比較はできませんが・・・
Pa0_0002   Pa0_0001
芽キャベツは、本当に順調。
購入した苗だけに大きくなるのも早いようです。
葉が多くなったので、散髪を!
下の方の葉をはさみでカットしました。
これで、準備OK!
でも、実験では葉をカットしてもしなくてもそんなに差は出ないそうです。
でも、さっぱりしました。
後は時々追肥をあげて、寒くなるまでに出来るだけ大きくすることです。

2012年9月21日 (金)

キャベツ植付第2弾、白菜の植付第3弾

Pa0_0035  Pa0_0022

キャベツの第2弾の植付作業です。   

Pa0_0037  Pa0_0020

後半の苗は、黒マルチ仕様としました。

地温を上げるのが目的ではなく、雑草対策です。

畑の面積が増えたので、少しでも楽ができるように敷きました。

そして、防虫対策としても寒冷紗トンネル。

Pa0_0036  

第3弾となる白菜も、追加で植えました。

Pa0_0031

こちらは、第2弾のブロッコリー。

大きくなってから植えた苗は順調なのですが・・・

Pa0_0033  Pa0_0032

小さかった苗は、やはり負けてしまいました。

でも、もう予備の苗はありません。

Pa0_0030  Pa0_0021

キャベツの苗が余っていたので、ブロッコリーが枯れた個所に植えることにしました。

この冬は、キャベツだらけになりそうな予感です。

Pa0_0019

で、こちらが今日の収穫。

まだ、冬瓜はなり続けています。冬瓜の影に隠れていたカボチャも見つけました。

今年までは、畑の面積の兼ね合いから、カボチャと冬瓜とスイカを混植していましたが、来年からは分けてちゃんと管理できるようにして植えたいと思います。

2012年9月19日 (水)

夏キャベツのその後

Pa0_0043

6月末から7月に植え付けたキャベツです。

寒冷紗で、保護しながら育てていましたが、やはり余り大きくはなりませんでした。

今年は、四季なりの年中栽培が可能な品種で挑戦しましたが、やはり夏にキャベツを育てるのは難しいようです。

Pa0_0041

サイズは、店で売っているレタス程度でしょうか?

もうこれ以上待っても大きくはならないと思われるので、収穫することにしました。

Pa0_0040

こちらは、その時の収穫した野菜。

この時期になって、遅めに植えたプチトマトが収穫のピークを迎えています。

キャベツの通年栽培。来年は、夏専用の種で挑戦してみますか!

2012年9月10日 (月)

白菜、キャベツのその後

Pa0_0011

白菜とキャベツ類のその後の様子です。

暑さ対策と防虫対策として8月に植えた苗は寒冷紗トンネルで保護していました。

久々にめくってみて、その中の様子を見てみました。

Pa0_0010  Pa0_0009

まずは、ブロッコリー。

種から育てたものとしては、この時期にしては順調かな?

Pa0_0008  Pa0_0007

続いて、芽キャベツとキャベツ。

芽キャベツは購入した苗。やはり生長は早いようです。

Pa0_0004

キャベツは、遅い感じ。今回は、冬用のキャベツを種から育てたのですが・・・

今後の生長に期待です。

Pa0_0006  Pa0_0005

一方、白菜の方は・・・

2年前は、苗を8月中旬に植えたところ、暑さと虫にやられてしまいました。

9月中旬頃からゆっくり植えるといいのですが、少しづつ、長い期間食するようにしようと思うと、時期をずらして少しづつ育てる必要があります。

手間はかかりますが、家庭菜園の醍醐味でもあります。

そこで、今回は、植える前にたっぷり水を与え、オルトランをふりかけ、仕事帰りに水をやりつつ、特性液肥を与えてみたところ、葉が大きく育っていました。

第1段階はクリアした模様です。

Pa0_0012  Pa0_0003

でも、よく見ると、苗が1本なくなっていました。

枯れてしまったようです。

仕方が無いので、予備の苗を植えることにしました。

枯れてしまったものの、これで、生長に差が出来るので、収穫にタイミングが自動的にずれることになるので、結果オーライです。

残りの苗は、ただいま育成中で、もう少ししたら、植える予定です。

2012年8月29日 (水)

冬野菜の植付

Pa0_0013

去年より少し早いですが、冬に向けて野菜の苗を植え付けました。

Pa0_0012  Pa0_0011

今回、植えるのは芽キャベツ、キャベツ、それに・・・

Pa0_0010  Pa0_0009

白菜とブロッコリー。

去年は苗を購入しましたが、今年は芽キャベツ以外は種から苗を作ることにし、7月中旬から苗づくりに挑んでみました。

白菜は少し早目の植付だったので、枯れたり虫にやられたりしないか心配です。

うまくいけば、早目に白菜がいただけるので、頑張って育ってほしいと思います。

2012年7月 7日 (土)

今年も夏キャベツに挑戦!

Pa0_0026

去年はあまりうまくいきませんでしたが、今年もめげずに夏キャベツの栽培にチャレンジです。

写真は、種から育てたキャベツとスィートバジルの苗です。

 

Pa0_0023  Pa0_0022

畑に植えるとまだか細く、ちょっと心配ですが、根さえ張れば育つと思われます。

Pa0_0018

こちらは、3月31日に種をポットに蒔いて、5月7日に畑に植え替えたキャベツ。

Pa0_0017  Pa0_0016

ちゃんと巻いているものと、育ちが遅いものがあります。

こちらのキャベツはもう少ししたら収穫と思っています。

去年は、くじけましたが、今年こそキャベツの周年栽培を確立したいと思います。

2012年6月14日 (木)

虫食いキャベツとレタスの収穫

Pa0_0008    Pa0_0009

春に植えたキャベツのその後です。

油断していたら、青虫だらけになってしまいました。

あわてて、寒冷紗をかけましたが、時既に遅し!

その後は、毎日、青虫退治の日々が!!

やっと、青虫はほとんどやっつけましたが、ひどい姿になってしまいました。

本当に健康なキャベツは虫がつかないそうですが、肥料がよく効いた畑のせいもあり、どうしても虫がついてしまいます。

寒冷紗のお蔭で、その後の防虫対策にはなったと思いますが、初期の青虫には随分やられてしまいました。

Pa0_0007    Pa0_0006

こちらは、3月に種から育てたキャベツ。

行灯で保護してきましたが、窮屈になってきました。

Pa0_0005_2

とりあえず、行灯ははずしました。

まだ、虫はついていないようなので、今のうちに寒冷紗トンネルで、保護です。

Pa0_0003    Pa0_0002

レタスは順調に育ち、収穫ラッシュです。

我が家では、ホウレン草に続き、レタス攻撃になっています。

幸いにも、我が家は、野菜好き家族なので、嫌がれることなく味わっています。

Pa0_0004

虫食いキャベツも中の方は大丈夫なので、収穫。

この時期は、そらまめなど豆類も採れ、ビールのあてには困りません。

毎年、梅雨に入ると、レタスが軟腐病になってしまうので、梅雨入りまでにセッセといただきたいと思います。

2012年5月 9日 (水)

キャベツのその後

Pa0_0018    Pa0_0019

4月上旬に植えたキャベツです。寒さ保護のための行灯まで一杯に大きくなり、ちょっと窮屈になってきたので、取り外すことにしました。

Pa0_0010

行灯をはずしたので、少しゆったりとした感じになりました。

Pa0_0009

こちらは、3月中旬に植えたキャベツ。やはり1か月違うと大きさが違います。少し蒔き始めています。

このままにしておこうと思いましたが、モンシロチョウが飛び交っていたので、寒冷紗をかけることにしました。

Pa0_0000

これで、一安心といいたいとこりですが、既に卵がうえつけられているかもしれません。

時々、中の様子を見て、青虫がいれば捕殺していきたいと思います。

ついでに、追肥も与えました。

後、1か月ぐらいすれば、収穫できると思います。

より以前の記事一覧

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30