無料ブログはココログ

カボチャ

2012年11月 8日 (木)

冬至南瓜の収穫

Pa0_0001

今日は、仕事の帰りに農園に寄ることができました。最近は、忙しくて農園もご無沙汰になっていたのですが、なんとか時間を作ることができました。

2回目の挑戦となる冬至南瓜。つるがすっかり枯れてしまいました。

Pa0_0000

南瓜の方を収穫してみると6個。苗を6つ植えたので、1つの苗に1個の収穫となりました。やはり、秋のカボチャは、親つるだけを伸ばすので、苗1つに対しカボチャ1個です。

今年は植えるのが遅かったので、小ぶりですが来年はもう少し早く植え、大きく育てたいと思います。

2012年10月26日 (金)

冬至南瓜がカラスに!

Pa0_0006  

冬至南瓜のその後です。大分、葉が枯れてきました。

実の方はどうなっているでしょうか?

最初になった実を見てみると・・・

Pa0_0005

つるからはずれ、何者かが突いた後があります。

おそらくカラスでしょう。食べるものが無かったので、突いた模様です。

でも、まだおいしくないので、やめてしまったようです。

Pa0_0004

他のカボチャは、今のところ被害はありません。

また被害にあうといけないので、枯葉と枯れ草で隠しておきました。

もう少ししたら、収穫です。

2012年10月 3日 (水)

冬瓜南瓜の受粉作業、終了!

Pa0_0010

8月末に植えつけた冬至南瓜のつるが畑一杯に伸びてきました。

最初の方は、雄花だけが先行して咲いていました。つるの途中から雌花の小さな蕾が出来てきましたが、その後も、南瓜はつるの生長を優先。しかし、畑の端に到達した頃から落ち着きだし、花が次々に咲き始めてきました。ある程度つるが伸びたので、南瓜も子孫を残す方に切り替えたようです。

Pa0_0012  Pa0_0013

朝、農園を除くと雄花と雌花が毎日入れ替わって次々に咲いています。この1週間は、毎朝受粉作業。雄花をちぎって花びらをはずして、おしべをめしべにこすり付けて花粉をつけていました。蜂もいることにはいるのですが、春に比べると少ないので、自然受粉には難がありそうなので、せっせと朝通いしました。

Pa0_0011

こちらは最初に受粉した雌花。

どうやら受粉作業は成功した模様。この1週間で全てのつるの受粉作業が無事終わりました。後は、適度の追肥をあげて実を大きくするとともに、余計な子づるをカットしていく作業だけです。順調にいけば、11月に収穫です。

2012年9月30日 (日)

やっと、冬至南瓜の花が咲いた!

Pa0_0012_2

冬至南瓜の花が次々と咲き始めています。

最初は、雄花先行でしたが・・・・

Pa0_0014  Pa0_0013

やっと雌花も咲き始めました。

つるも畝の端まで伸び、少し落ち着いたようです。雨と出張でタイミングを合わせるのが難しいですが、蕾の様子を見ながら、朝の受粉作業、開始です。

2012年9月20日 (木)

冬至南瓜のその後

Pa0_0039

冬至南瓜のその後です。

ずんずんつるが伸びてきました。

そして、よく見ると・・・

Pa0_0038

雌花が!

明日ぐらいには、花が咲きそうです。

でも、相棒の雄花がいません。

受粉作業は、もう少し先になりそうです。

頑張れ、男子!

2012年9月14日 (金)

冬至南瓜の子づるの摘み取り

Pa0_0025_2

冬至南瓜のその後です。

順調につるは伸びていますが、花が咲く様子がありません。

よく見ると・・・

Pa0_0024  Pa0_0022

小さいながらも雌花がありました。

今はつるを伸ばすことに一生懸命ですが、落ち着いてくれば、おそらく花が咲くものと思われます。

ただ、段々気温が高くならなくなるので、早く花が咲いて欲しいものです。

Pa0_0003  Pa0_0002

つるをよく観察すると、子づるが伸びていました。

冬至南瓜は、子づるを全て摘み取るそうなので、早速鋏で切り落としました。

ついでに子づるになりかけていた先端のカット。

後は、花が咲くのを待つだけです。

2012年9月12日 (水)

カボチャの収穫

Pa0_0000_2

ご近所の畑では、南瓜は全て撤去されてしまいました。

余りほったらかしにすると、今度は実が朽ちてしまうこともあるので、収穫することにしました。

Pa0_0001_2

といっても、時間が無かったので、目についた南瓜だけ収穫しました。

冬瓜もまだありました。

つるの撤去は他の農作業がもう少し終わってからにしようと思いますが、多分、まだつると葉の中に埋まっているものと思われます。

半日しか日が当らない北の畑なので、収穫量は少ないですが、来年は南の畑に場所を変え、たくさん大きく育てたいと思います。

2012年9月 4日 (火)

冬瓜とカボチャの収穫!

Pa0_0005

北側の畑を覗くと、細長い冬瓜らしきものがつる草の合間から見えました。

白い粉を噴いていたので、収穫することにしました。

この冬瓜。夏に出来ても冬まで保存がきくので、冬瓜というらしいのですが、前に収穫した冬瓜を勝手口の裏においておいたら、痛んでしまいました。

一緒にジャガイモやタマネギも一緒に置いてあるのですが・・・

屋根はあるものの、やはり日が当り、日中は結構気温が高くなるのでもたなかったものと思われます。やはり冷暗所でないと保存は難しいようです。

切った冬瓜は、冷凍保存し、少し解凍すれば、普通に使えるそうです。これはこれで使えるのですが、切っていない冬瓜が保存できないのはちょっとつらいです。

どこかにいい場所がないかと考え、床下で保存してみることにしました。

確かにひんやりしています。空気の流れは余りありませんが・・・

しばらく、ここで様子見です。

Pa0_0004

あわせて、南瓜も収穫しました。まだ他にもありそうですが、つる草でみえません。この南瓜はつるの先端がしわになり、茶色っぽくなっていたので、収穫しました。

今、新しい畑を耕していますが、これが終われば、こちらの南瓜畑も整理したいと思っています。

Pa0_0002

この日の収穫です。トマトは終盤を迎えていますが、プチトマトは頑張っています。なすびは切り戻しをした後のもので、いわゆる秋なすびです。

2012年9月 2日 (日)

冬至南瓜の植付

Pa0_0016

いつもお世話になっている農業屋に行くと、冬至南瓜の苗が打っていました。

そういえば、2年前に一度挑戦したやつです。

子ヅルは全て摘み取り、1株で1個しか出来ない代物です。

とりあえず、再度トライしてみることにし、6株購入しました。

その後、家でいろいろ調べてみると、冬至南瓜は、抑制された品種のようです。栽培の仕方も載っていました。

種も売っているようですが、今年はスタートが遅れたので、種からの栽培は来年からにしたいと思います。

Pa0_0007

早速、苗を植えて、苗の保護と雑草対策として、枯れ草を敷きました。わらの代わりです。

Pa0_0014  

つるを伸ばすところは、ワラを敷けばいいのですが、今回もえん麦を蒔くことにしました。線虫対策と緑肥対策を兼ねてでのトライです。

Pa0_0006

苗を植えてみて、反対側がさびしいことに気づきました。子ヅルは伸ばさないので、反対側に植えてもいけそうです。

早速、苗を買いに行きましたが、売り切れ!

もう9月なので、今年の入荷は難しそうです。

来年から、種で本格的に育てるということにしたいと思います。前回は、行灯仕立てでしたが、今年は、普通の育て方でエントリーです。

2012年6月16日 (土)

カボチャのコツ! 雌花摘みと受粉

Pa0_0042  Pa0_0041

カボチャのツルが伸びてきました。

そして、根元にも雌花が咲きました。

でも、この最初の雌花は取ってしまいます。

というのは、この時点では、まだ雄花が咲いていないため、受粉ができません。

そのため、生長を促すために、雌花は取ってしまいます。

こうすることで、カボチャは、子孫を残すための雌花を咲かせるためのツルを伸ばさるを得ない状況になります。

Pa0_0022

やがて、伸びたツルに雌花が咲くとともに、雄花も咲きます。

そこで、受粉!

という作戦で、今年は望みます!

Pa0_0021  Pa0_0020

最初の雌花を取ってしまったところ、しばらくしたら、一部のカボチャだけですが、雌花が咲いてきました。

早速、雄花の花粉を人口受粉。

Pa0_0019  Pa0_0008

今までしっかり観察したことがなかったのですが、カボチャの花が咲く期間は非常に短いようです。受粉後の雌花ですが、花びらは閉じたままでした。ちょっと心配でしたが、実が大きくなってきたので、受粉作業はうまくいったようです。

残りのカボチャは、まだ花が咲きませんが、花が咲き次第、受粉作業をしていきたいと思います。

そして、受粉が終わり、ある程度つるが伸びたら、摘心し、子づるを伸ばしたいと思います。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30