無料ブログはココログ

きゅうり

2012年7月15日 (日)

やっときゅうりの収穫

Pa0_0004

今年、4月早々に植えたきゅうりは、1本目の収穫の後、季節外れの台風にやられ、枯れてしましました。

夏の後半の収穫を狙って植えたきゅうりの方は、大分つるが伸び、繁ってきました。

最初の方の節は、全て芽かきして育ててたところ、後半は、子づるも出始めるとともに、たくさんの花が咲き始めました。

Pa0_0003

そして、最初のきゅうりが育ってきました。

やっときゅうりがいただけます。

後は、鈴なりになってくるきゅうりを大きくなり過ぎないうちに収穫していくようにしたいと思います。

2012年5月22日 (火)

きゅうりを育てるコツ その1

Pa0_0002_2

きゅうりの苗が行灯の高さを越えてきました。去年は、4月早々に植えた苗は寒さのため何本かは枯れてしまいましたが、今年は行灯のお蔭で無事でした。やはりきゅうりは、南国?の植物のようです。

毎年、きゅうりの苗は4本庭に植えています。昔は結構たくさん採れていたのですが、最近は少なめです。庭の中でトマトとローテーションしながら植えているので、連作障害が出ているのかもしれません。

そのため、6月ごろ農園で空いた場所に追加のきゅうりを植えて、それなりの収穫量を確保していますが、後半になると蔓や葉が枯れてきます。

どうも、きゅうりは短期間で枯れてしまうのが最近の状況です。

いろんな本を調べていると、1冊の本に出会いました。この本では野菜の作り方のコツを紹介しているので、今年はそれを参考にしながら育ててみたいと思います。

この本によると、きゅうりの根は、地表の直下を⽔平に伸びてゆく作物らしいです。そのため、普通は浅く広く施肥するのがいいらしいです。私は、畝を作る時、堆肥と肥料をすきこんで、よく混ぜているので、基本的にはこれでOKということになるのですが、実はコツは別のところにあるようです。

きゅうりを育てていると、後半になって葉が小さくなったり、まがったきゅうりになることがあります。これは、きゅうりの根が疲れたというサインらしいのです。疲れさせないためには、根を深く張り、ずっと養分を吸収させる必要があります。

そのテクニックが芽かきだというのです。最初の本葉から7、8節までは、葉のつけ根に出てくる芽を全部摘んでしまうのがいいそうです。

そうすると、きゅうりは、子孫を残すための芽を摘まれたことから、これはまずいとしっかり蔓が伸びるとともに、蔓を育てるために根もしっかり張るのだそうです。

芽を摘むのがプロのコツらしいです。

Pa0_0001_4

ちょうど苗をよく見てみると小さな芽がついていました。毎年、最初のきゅうりは、結果的に腰あたりの高さの芽が大きくなって収穫しているので、結果は同じだと思い、今回は芽を摘みとってみました。

これで、収穫量が増えるかどうか実験です。

この他にもテクニックが書いてあったので、それも後半に試してみたいと思います。

2012年4月 9日 (月)

春の苗の植付!

Pa0_0025

4月になりホームセンターでも野菜に苗が並び始めました。

今年は例年に比べ寒かったせいか、苗は小さめです。

Pa0_0024

自宅でも種から苗作りをしていますが、中々芽が出ません。

4月に植える苗は、毎年購入しています。本当は、種から作ってみたいのですが、4月早々に植えるには、2月から苗づくりを行う必要があり、ちょっと大変なので、苗を買っています。透明の衣装箱で育てる方法もあるのですが、そこまでの気力と時間がないので、まだやっていません。種からの苗づくりは、退職して、時間がたっぷりできてから、やってみたいと思います。

Pa0_0017  Pa0_0018

買ってきた苗を早速植えました。庭には、トマト、キュウリ、サニーレタスを植えます。

トマトやキュウリは朝取りがうまいのですが、畑までは毎朝収穫できないので、庭で育てています。

トマトは、深植えにします。トマトは栄養がたくさんいるので、いかに根を張らすかがポイントです。斜めに植える人もいますが、私は、深植えにします。深く植えると病気になりやすいと聞きますが、今までそうなったことはありません。

きゅうりは、早植えすると枯れることが多いそうです。これまで、4月早々に植えると毎年、半分ほどの苗を枯らしてしまっていました。このブログでそれを書いたら、コメントで原因を教えてくれました。ありがたいものです。

もう少し待ってから植えるといいのですが、少しでも早く収穫を始めたいので、行灯で保護してみることにしました。これで、枯れずにすめば幸いです。

Pa0_0020

こちらは、サニーレタス。種からも苗を作り始めていますが、大きくなるまでもう少し時間がかかりそうなので、先行して少しだけ植えます。
 

Pa0_0002  Pa0_0003

残りの苗は、畑に植えます。

なすびは長ナスを含めて3種類を2本づつ植えました。キャベツは3月に引き続いて苗を購入。4月に植えるキャベツは、自家製で種から育てた苗を植える予定です。

Pa0_0004  Pa0_0005

そして、レタスとピーマン。レタスも種から育てますが、少し早目の収穫を狙って苗を購入。雨による泥はね防止のため、マルチを敷いています。ピーマンは今年は北側の畑に変えたので、収穫が少し減るかもしれませんが、NHK野菜の時間の秘策で収穫量を維持したいと思います。

2011年9月25日 (日)

秋きゅうりの収穫!

Pa0_0022  Pa0_0021

台風にも負けず、つるだけが生長していたきゅうりですが、ようやく実がなりました。やはり、気温があまり高くならないので、数は少ないです。ビニールをかけてやり、地表も透明マルチにすると、もう少し効果があるのかもしれません。来年の課題にしたいと思います。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2011年9月17日 (土)

きゅうりのつるずらし (9月10日)

Pa0_0130

台風12号にも負けずに伸び続けているきゅうりです。
でも。きゅうりネットを越えてしまいました。この先は、つるが寄りかかるところがありません。

Pa0_0129

そこで、「きゅうりずらし」をやってみることにしました。

トマトではよく?行われていますが、トマトの茎が伸びてくると、栄養が上の方には届きにくくなります。また、下の方は、収穫も終わっています。そこで、茎を下の方にずらして、どくろを巻くようにし、茎を下げていきます。

Pa0_0128

そこで、きゅうりも同様のことを考え、きゅうりネットを下の方にずらして、新たにきゅうりネットを取り付けてみました。

Pa0_0127

いい感じです。雌花も咲いているので、後は実がなるのを待つだけです。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2011年9月 2日 (金)

第3弾目のきゅうり

Pa0_0039

8月中旬に3回目のきゅうりを植えました。誘引の仕方、肥料の与え方にも問題があると思いますが、我が家のきゅうりは、一斉になり始め、一気に終わります。
少し前までは、冷蔵庫の中は、きゅうりに占領されていましたが、さすがになくなってしまいました。第2弾のきゅうりが終わって大分経ったからです。

長くきゅうりを収穫し続けるうまいテクニックはないのでしょうか?
もう少し、早めに小さめに採るといいのかもしれません。たかさんの場合、1本の苗で、数本、うまくいって10本程度でしょうか・・・。
そのため、これまではきゅうりを一気に食べて一気に終わるパターンでした。折角、農園を借りているということで、今年は3回にわたって、長期収穫を目指すことにしました。

Pa0_0038

今回は、畑には植える場所がなかったので、庭の端っこに植えました。日当たりは半日あるかどうかですが、根付きがよく、すくすくと大きくなってきました。
でも、花が中々咲きません。ようやく下の方で咲き始めましたが、雄花です。雌花になるそうな蕾はつるの上の方だけです。このままでは、あまり収穫ができないような気がします。少しづつでいいので、長い間収穫したいのですが、どんなテクニックを使ったらいいのか、わかりません。

農園のご近所さんもこの時期は誰も作っていないので、ちょっと不安です。車で走っていても、他所の畑で枯れかけたきゅうりは見かけますが、元気なきゅうりは見当たりません。時期が遅いことから、ちょっと、心配です。

しかも、台風12号が近づいています。風でつるごと被害にあってしまう可能性もあります。被害がなく、立派なきゅうりができることを祈ります。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2011年8月15日 (月)

きゅうりの苗を発見!

きゅうりは、短命です。作り方も悪いのかもしれませんが、実がなり始めると一気になり、急につるが枯れ始めます。

Pa0_0016

きゅうりはお手ごろで大好きなので、ある程度、継続して収穫できるようにしたいと考え、今年は、4月始めと6月下旬に苗を植えましたが、4月に植えたきゅうりは7月で、6月に植えたきゅうりも8月半ばで収穫が終わりました。6月に植えたきゅうりは、もう少しじっくり収穫できることを期待していましたが、続きませんでした。

第3弾となると、秋きゅうりとなりますが、さすがこの時期、苗はないだろう、来年は種から苗をつくろうと考えていたところ、いつもお世話になっている農業屋に行ってみると、きゅうりの苗が売っていました。

Pa0_0027  Pa0_0026

この時期に植えるなら、地ばえきゅうりでしょうが、スペースの関係から、これまで同様、北進にして、きゅうりネットを張ることにしました。うまくいけば10月頃まで収穫可能になるはずです。今しばらくは、冷蔵庫にたんまりきゅうりがあるので、それがなくなった頃から収穫できることを祈っています。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2011年8月13日 (土)

きゅうりももう終わり!

Pa0_0002

きゅうりのつるが枯れてきました。

Pa0_0001_2

もう少し、ゆっくりできるといいのですが、きゅうりは一気に出来て、一気に終わります。

今、冷蔵庫の中は、きゅうりとピーマンで恐ろしいことになっています。

あまりにも多すぎて、たべきれず、痛んでしまっているものをあります。

漬物にもしているのですが、追いつきません。

毎回、4本植えているのですが、少し減らして、植える時期をずらして、収穫期間を長くする工夫がいるようです。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2011年8月 1日 (月)

庭作りの後は、畑できゅうりとトマトを!

毎年、トマトときゅうりは庭で栽培しています。理由は、朝採りで新鮮なものを収穫したいからです。大体、お盆ごろまで収穫できていましたが、今年は、台風6号の影響で、茎がおれ、収穫期間が短くなってしまいました。

Pa0_0037_2 Pa0_0036

でも、今年は長く収穫したいと考え、スナップエンドウの跡地に、挿し木で育てたトマトと、遅植えのきゅうりを植えています。

きゅうりは既に収穫の最盛期を迎えています。トマトは花が中々咲かなかったので、心配でしたが、大きくなるにつれ、花が咲き、ミニトマトの実も赤くなってきました。

Pa0_0035

なんとか、庭から畑にシフトできそうです。

トマトの方は、花が多く咲くように、トマトーンを噴いたところ、効果てき面。肥料の効果もあったと思いますが、さすがホルモン剤で、いい感じです。

Pa0_0005

きゅうりは、もうすぐ終わるような気配です。来年は、第3弾もやってみて、周年栽培に少し近づけたいと思います。でも、この時期はきゅうりの苗は売っていないので、来年は苗と種の両方で育てることになりそうです。

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
にほんブログ村

2011年7月17日 (日)

畑のきゅうり、初収穫!

1107061_3

スナップエンドウの収穫の後に植えたきゅうりです。いつも間にか、こんなに大きくなりました。 

1107062_2  1107063

よく見ると、すでに、実が!。これからは、きゅうりの安定供給が期待できそうです。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30